宅配クリーニングのリナビスの評判・値段・仕上がりを徹底解説

リナビスのスクリーンショット

「リナビスって他の宅配クリーニングと比べてどうなの?」
「宅配クリーニング自体初めてで不安…」

上記のような不安・疑問をお持ちの方にむけて、この記事ではリナビスの料金体系やクリーニングに出すまでの手順から、ネット上の実際の口コミ、筆者の分析を交えてリナビスがどういった方に向いているか、などをお伝えできればと思います。

リナビスの基本情報

まずは、リナビスについて基本的な情報をまとめて紹介していきます。

運営元 株式会社東田ドライ
対応エリア 日本全国
送料 無料(北海道・沖縄・一部離島除く)
クリーニング
料金
3点コース4,920円(税抜)
5点コース7,750円(税抜)
10点コース10,700円(税抜)
20点コース18,600円(税抜)

ココが違う!リナビスのメリット5つ

リナビスは、宅配クリーニング業界でも上位に位置する業者の一つと言えます。
リナビスがなぜ多くの人に選ばれているのか、ピックアップして魅力を紹介します。

創業58年!老舗クリーニング店の品質

リナビスのクリーニング職人の写真
リナビスを運営している「東田ドライ」は、2019年で創業58年を迎えます。

公式サイトでも「おせっかい品質」と題し、熟練のクリーニング師が担当することで他のクリーニング会社では実現できない細やかな対応ができることをメリットとして打ち出しています。

実際に、そのサービス品質が注目され「カンブリア宮殿」で特集されたことがあるほどです。

ユーザーの中でも、「モンクレール」や「カナダグース」などを始めとして通常の街のクリーニング店に任せるのが少し不安になる高級な服をお願いしている人が多いようです。

料金が固定でわかりやすい&リーズナブル!

リナビスでは、宅配クリーニングには珍しく着数で料金が固定されています。

他の宅配クリーニングでは「コートは〇〇円、シャツは〇〇円」という具合に種類別に料金が決まってたり、服をクリーニングに出してから料金が確定して「意外と高い…」ということがよくあります。

しかし、リナビスでは着数で料金が完全に固定されているので、コートを5着出してもシャツを5着出しても同じ料金になります。
ですので、コートなどの他のクリーニング店では単価が高くつく衣類を中心にお願いするのがオススメです。

最大12ヶ月!無料保管サービスがお得!

衣類の保管サービスは、他の宅配クリーニングサービスでは多くの場合が有料です。
しかし、リナビスではクリーニングに出したついでに無料で最大12ヶ月間保管してもらうことができます。

無料の加工でお洋服をより長持ちさせられる!

リナビスでは、クリーニングの際に抗菌・シワ予防・柔軟・毛玉防止・静電気防止の5つ加工をしています。
もちろん、衣類の種類によっては加工が全て施せないものもありますが、他の宅配クリーニング店では有料オプションとなっていることもある加工内容なので品質にこだわるリナビスらしいサービスといえます。

簡単な補修なども無料で対応してもらえる

シミ抜き、毛玉取り、ほつれ直し、ボタンの付け直しなどの補修は無料で対応してくれます。

ボタンの付け直しについては、替えのボタンがない場合でもリクエストすればリナビスの工場に存在するボタンの中から近いものを選んで付けてもらうことも可能とのことです。

衣類以外のクリーニングにも対応!

リナビスは、お洋服意外にも布団や革製品のクリーニングにも対応しています。
革製品コースはこちら
布団コースはこちら

往復送料が無料

リナビスでは、北海道・沖縄・一部の離島をのぞいて全国送料が無料となっています。

他の宅配クリーニングの多くが「〇〇円以上のご注文で送料無料!」というキャンペーンを行なっているのに対し、リナビスはもともと送料無料となっています。

ココがちょっと…リナビスの短所

ここまで、リナビスのメリット・魅力を紹介してきましたが、筆者の目線から「ここが惜しい…」というポイントを紹介します。

仕上がりまでのスピードが遅い

ここまでで紹介している通り、リナビスの売りは「品質」にあります。それゆえ、どうしてもクリーニングに時間がかかってしまうという欠点があります。クリーニングまでにかかる時間は同時期にクリーニングを依頼する人の多さで変動しますが、筆者が実際に公式サイトにて確認した時点(2019年11月10日)ではクリーニング後のお届け日数が10〜20営業日となっていました。営業日換算ですので、実際の期間は2週間〜1ヶ月です。

リナビスにはコートや晴れ着など特に仕上がりの品質が気になる衣類を依頼して、ワイシャツやスーツなど急ぎのものに関してはスピードに定評のあるリネットを利用するなど使い分けるのがおすすめです。

配送までの手間がかかる

リナビスでは、公式サイトから注文した後に専用の集荷キットが自宅に配送され、その中に衣類を詰めて再度リナビスに再送するという手順になっています。

しかし、再送の際の集荷依頼はユーザー側で行わなければいけません。
ユーザー側からするとこの点はちょっと手間がかかるのでマイナスポイントと言えるでしょう。

このデメリットへの対策として、リナビスはコンビニからの集荷に対応しています。
コンビニからの発送では集荷依頼の手間がかからないので、家の近くにコンビニがある方は是非コンビニから送りましょう。

リナビスの利用手順

実際に、リナビスを利用する際の手順を5段階に分けて説明していきます。

手順1
公式サイトから新規会員登録
リナビスの利用には、まず公式サイトから会員登録を行います。

会員料などは無料で、「氏名」「メールアドレス」「設定するパスワード」の3項目のみの入力で会員登録が完了します!

手順2
コースを選択
会員登録が完了したら、コースを選択します。
コースは3点,5点,10点,20点の5種類で、各コース1着単位で追加が可能です。
詳しい料金はこちらを参照してください。
手順3
専用集荷キットが到着するのを待つ
コースの選択が完了したら、リナビスの専用集荷キットが到着するのを待ちます。
手順4
衣類をキットに入れて発送
専用キットが到着したら、キットに衣類を入れてクロネコヤマトで発送します。
(集荷依頼先の業者はクロネコヤマト限定ですのでご注意ください。)
手順5
クリーニングが完了して自宅に到着!
発送後、10営業日〜20営業日程度でお洋服がご自宅に到着します。

この記事のまとめ

ここまで、リナビスの長所や短所を包み隠さず紹介してきました。
品質・利便性・スピード・料金の4観点で評価をすると下記のような点数になります。

リナビスの評価
品質
(5.0)
利便性
(3.0)
スピード
(3.0)
料金
(4.0)
総合評価
(4.0)

総括すると、

仕上がりまでの期間は長いが、品質が気になるコートなどの衣類を頼むのには最適。

という結論になります。

無料の補修などもあるので、
「ちょっと古いけどまた着たい」そんなお洋服がある場合にもおすすめと言えるでしょう。

おせっかい品質を謳うリナビス、是非ご利用してみてはいかがでしょうか。